集合住宅の方が安い光回線の料金

光回線の集合住宅と一戸建ての家では多くのことが異なってきますが、それらについて見ていきましょう。

基本料金の違い

集合住宅の方が工事がすぐに済んだり、手間が全く違います。

そのため月々の料金やプロバイダー料金などが全く異なっています。一戸建ての方が基本料金・プロバイダーは高く、集合住宅の方が安く設定されています。

一戸建ての60%~70%の料金が集合住宅の基本料金です。また集合住宅はすでに光ファイバーが引き込まれている場合がほとんどなので工事不要というケースがほとんどです。

そのため集合住宅で光回線は契約しやすく、メリットも多いネット回線だと思います。

通信の安定性や速度は一戸建てプラン

集合住宅だと1つの光回線を集合住宅にお済みの光回線と契約している人と共同で使うことになります。

つまり1つの回線をみんなで使っているため混み合っている状況など時間帯によっては通信速度が落ちることがあります。

しかし一戸建ての場合はそういったことがありませんので速度はかなり早く、快適に利用することができるでしょう。

最近では集合住宅に住んでいても一戸建てプランを利用できるみたいなので、料金は高くなりますが快適にインターネットを利用したい方にはおすすめです。

光回線の新規契約におすすめの代理店はこちら
オプション加入なしのフレッツ光代理店を紹介しています。

このページの先頭へ