光回線に乗り換えても通信速度が遅いことも・・・

意気揚々と光回線に乗り換えてみたものの以前のネット回線とさほど速度が変わらない。といったこともあります。

ここではそんな「光回線にしたのに遅い」というのを解決するための対策や方法を紹介します。

なんで光回線なのに遅いの?

光回線なのに遅いのは様々な原因が考えられます。

例えばパソコン自体の故障・サーバーのトラブル・ルーターなどの機器の故障などがあげられます。まだまだ他にも数えきれないぐらいの原因があります。

原因を考えることも大切ですが、分からない場合は改善方法をいくつか試していきましょう。

改善するためには?

光回線の本来の速度にするためにはどうすればいいのでしょうか?

まず集合住宅で光回線を利用している人は、多くの人が利用している時間帯では本来の速度を発揮するのは難しいです。

1つの回線を複数人で利用しているため、混雑している夜などは通信速度が落ちてしまいます。

最近では集合住宅でも戸建てプランで契約することができるため、快適な速度で利用したい人は戸建てプランに契約するといいでしょう。

他にもパソコン自体に問題がある場合は1度再起動することをおすすめします。

このようなことが初歩的な速度低下の原因です。まずは試してみてください。

それでも解決しなければ問い合わせてみる

上記のような対策で解決されなければ他の問題で速度が低下していると考えられます。

そういった場合はプロバイダーに問い合わせてみるといいでしょう。回線業者ではなくプロバイダーに問い合わすようにしましょう。

プロバイダーの方が回線業者よりもパソコンや回線について非常に詳しいです。

自分の状況を説明して解決方法を探ってもらいましょう。問い合わせはプロバイダーのカスタマーセンターに問い合わしましょう。

光回線の新規契約におすすめの代理店はこちら
オプション加入なしのフレッツ光代理店を紹介しています。

このページの先頭へ