光回線の負担を軽減する解約方法

光回線は多くのメリットを持ったインターネット回線です。

しかし当然のように様々な理由で多くの人が解約を希望されています。それは料金であったりサポートであったり引っ越しであったりと人によって様々な要因があります。

月額料金が以前よりも安くなったり、キャンペーンが優秀になったりしていますがまだまだ高額と感じる人も少なくないのでしょう。

ライフスタイルの変化に伴い解約という選択もでてきますが、できるだけ解約時の負担を少なくすることが大切です。ここでは解約の際にできるだけ負担を少なくする方法を紹介します。

違約金があるかどうかの確認

光回線に限らずインターネット回線を解約する際にはほとんどの場合、解約違約金というのが発生します。

解約違約金とは契約期間内に解約してしまう場合に支払わなければなりません。最低利用期間というのが設定されていますので最低利用期間に満たない場合は支払いが求められます。

引っ越しがあらかじめ分かっていない場合などがあると思います。そういった場合でも慌てずに現在契約している回線業者の管轄内であるかどうかを確認してください。

もし管轄内であれば、解約する必要はありません。移転鉄手続きという形で継続利用することができます。光回線が必要ないという人はそのまま解約という選択になりますが。

最低利用期間内で引っ越し先が管轄外であった場合はどうしても解約違約金が発生してしまいます。

解約するかどうかは自由なので好きなようにすればいいと思います。

光回線の新規契約におすすめの代理店はこちら
オプション加入なしのフレッツ光代理店を紹介しています。

このページの先頭へ